2014年同窓会

 今年も関東在住の松山東校昭和53年卒業生の会を開催します。
 我々も55歳前後、また東京会スタート10年という節目を迎える事もあり、毎年よりは少し盛大に開催できればと思っております。
 ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。
   (幹事長 安斎倫明)

日時: 11月29日(土) 16:30(16時開場)~19:00
場所:SALON DE BOU’S    ☎03-3345-4646
東京都新宿区西新宿1-18-1 小川ビル4F
http://www.bous.jp/nishi_shinjuku/index.html

e0165566_2493184.jpg



会費:6,000円(当日支払いになります。)
お申込:hidey@agate.plala.or.jp 090-5198-0592
[PR]

# by tonton53kai | 2014-11-29 16:00 | ◎ メイン同窓会2005-2014  

香川君 新作『かずの冒険<地底編>: 自然の中でかず・かたち遊び』

香川君のもう一つの迷路絵本シリーズ”かずの絵本”が出版されました。


e0165566_125167.jpg



「かずの冒険<地底編>: 自然の中でかず・かたち遊び」

作者: 香川元太郎

出版社/発売日: 小学館 (2014/3/10)

さがし絵+迷路の算数絵本シリーズ4冊目!

【特殊技術採用の付録つき】
付属のレンズを当てると、
謎解きの答えが浮き出す!

本書:シリーズ4冊目「地底編」のレンズは「おばけのレンズ」

シリーズの
1冊目「野山編」、3冊目「空編」
で付属していたレンズは「妖精のレンズ」。

この「妖精のレンズ」を当てると見えてくる
暗号も、本書に実は入ってます。
(「おばけのレンズ」では見えません。
すでに「妖精のレンズ」を持っている人には二重の楽しみに!)

★地底を進んで「秘密の石=しゃく熱の石」をゲットするストーリー
★かくし絵、迷路、クイズなど、遊び要素満載。

遊びながら算数の学びもできる、算数絵本。

迷路絵本 ベストセラー作家の待望の1冊です!
[PR]

# by tonton53kai | 2014-04-06 01:25 | ◎ 同期の活躍  

山岡君 新著『インフラの呪縛: 公共事業はなぜ迷走するのか』

 このほど『インフラの呪縛 公共事業はなぜ迷走するのか』(ちくま新書)を発刊しました。
 震災復興、国土強靭化、インフラ老朽化対策、東京五輪と、公共事業が復活しています。一方で、無駄な予算付け、無理な計画が次々と指摘され、揺れ動いています。
 戦後、経済発展のため、道路、ダム、鉄道、橋といったインフラ整備が猛然と進められました。しかし、バブル崩壊後、その反動で公共事業は利権まみれの腐敗の温床として「悪」と痛罵されます。しかしながら、歳月の経過とともに、それらは老朽化し、崩壊の危機にあり、早い対処が求められます。
 なぜ、インフラに関する議論は「善か悪か」の二元論を超えられず、迷走してきたのか?   いったい日本の公共事業はどうあるべきなのか?  土木、国土計画の重鎮たちの様々な証言をもとに、日本の骨格をつくりあげた歴史を読み解き、問題点を明確にしました。
 ご高覧いただければ、幸いです。

http://www.amazon.co.jp/インフラの呪縛

インフラの呪縛

 
[PR]

# by tonton53kai | 2014-04-06 01:13 | ◎ 同期の活躍  

2013年発刊の献本プロジェクト

53会各位
お待たせしました!献本プロジェクトも今年で8年目!
今年も、昨年出版の3冊(画像)を、東高にお届けしたいと思います。
山岡君の「気骨」、香川君の「乗り物の迷路」、
そして、昨年亡くなられた天野祐吉先生の「成長から成熟へ」です。

募金の振込先確認はこのメール(tonton53kai@excite.co.jp)で返信あるいは丹下君までご連絡を!

残金が出れば、例年通り、
一部は図書カードで東高に、一部は53会口座で山本英生君にとしたいと思います。
では、宜しくお願いします。
丹下 1月26日(日) 09:00

献本通番(もう28冊になります。)
26香川元太郎乗り物の迷路PHP研究所230万部突破!
27山岡淳一郎気骨(経営者 土光敏夫の闘い)平凡社
28天野祐吉成長から成熟へ さよなら経済大国集英社新書

e0165566_140046.jpg

[PR]

# by tonton53kai | 2014-01-26 14:00 | ◎ 連絡事項・プチ同窓会  

2013年同窓会

遅くなりました。写真をUPしました。

e0165566_13541150.jpg




第9回目の関東同期会は、下記の日時&場所ですので、
参加可能者はこのメール(tonton53kai@excite.co.jp)で返信あるいは丹下君までご連絡を!

2013年11月10日(日) 14時乾杯、16時過ぎ解散
個室を、14時から、3時間押さえています。

e0165566_21271096.jpg


東方一角(とうほういっかく) 銀座 本館
中央区銀座5-15-18 銀座東新ビル1階
電話 050-5798-5215

http://r.gnavi.co.jp/a161509/

歌舞伎座の西側のブロックになります。

料理は、安齋君と相談しますが、
私の大学の集まりでは、
90分飲み放題つきの3,675円コース(料理80種類)をよく使っています。

従い、15号への同期会広告協賛もあり、
参加費@4,000円ぐらいで、ご予定下さい。

デリーからは林和成君、マニラからは大野裕君が参加する予定で、
休暇予定を組んで頂いています。感謝!

私が企画し、参加できないのは、誠に申し訳ないのですが、
今回は、勤め人の宿命の社命ですので、ご容赦を!

丹下 10月14日(日) 10:00
[PR]

# by tonton53kai | 2013-10-22 21:27 | ◎ メイン同窓会2005-2014  

山本君 「すぐに使える そうぞく対策と生命保険活用術」共同出版

山本英夫君が共著で執筆しました。

「相続」と「争族」。生命保険を活用した“そうぞく”対策の有効性について、全国各地で1万人以上を動員した選りすぐりのFPコンサルタント達が、基礎知識から事例までをもひも解く決定版。

e0165566_1791033.jpg

定価(税込み)
1,470円
編・著者名
明治安田生命保険相互会 社営業教育部実践販売研究室 編

生命保険の活用によるそうぞく(相続・争族)対策の手引書!   
◆そうぞくには、“相続”だけでなく、“争族”もあります。平成25年度税制改正により決まった相続税の増税を目前に控え、これらの問題は、今後より顕在化してくるものと予想されます。生命保険は、死亡や病気の備えだけでなく、そうぞく対策にも有効です。   
◆本書は、生命保険を活用した、そうぞく対策について、選りすぐりのFPコンサルタント達が、その勘所を、基礎知識だけでなく、事例も紹介しながら分かりやすく整理・解説しています。   
◆生命保険会社の職員だけでなく、生命保険を取り扱う金融機関の行職員、ファイナンシャル・プランナーなど、どなたでもすぐに提案等に活かせます。   
●主要目次●   
第1章 相続対策   
1.相続対策の必要性   
2.生命保険の契約形態の選択   
3.生命保険と相続税   
4.死亡保険金の非課税限度額(相続税法12条)の活用   
5.生命保険と贈与税   
第2章 争族対策   
1.争族対策の必要性   
2.争族対策の契約形態   
3.生命保険は受取人固有の財産   
4.生命保険と相続放棄   
5.生命保険と代償分割   
第3章 事業承継対策   
~法人のためのそうぞく対策~   
1.事業承継対策の必要性   
2.自社株式の評価と対策   
3.退職慰労金と弔慰金   
4.自社株式と生命保険   
5.円滑な事業承継・名義変更   
[PR]

# by tonton53kai | 2013-08-12 17:06 | ◎ 同期の活躍  

香川君 迷路絵本シリーズの記念すべき10作目は『乗り物の迷路』です!

友人の香川元太郎氏の新作迷路絵本シリーズも、10作目になりました。

「車の街」や「新幹線の駅」にある迷路を通りぬけ、かくし絵をみつけよう! 子どもたちに大人気の「乗り物」が、ついに迷路絵本に登場!

C:\fakepath\61QNm-Mzq2L._SL500_AA300_.jpg

「乗り物の迷路」

作者: 香川元太郎

出版社: PHP研究所 (2013/7/20)

発売日: 2013/7/20

「今度の舞台は「乗り物王国」。車、電車、船、飛行機はもちろん、自転車、建設機械、遊園地のアトラクションなど、あらゆる乗り物がある国です。描きこんだ乗り物の数は、実在する(もしくは実在した)乗り物だけでも370以上。ご監修の小賀野先生にも助けていただき、それらの乗り物を正確に描きながらも、迷路絵本ならではの楽しい世界を作るよう工夫しました。小さいお子様にも親しみやすく、遊びながらいろんな乗り物を知ることもできる本になったと思います。」(作者より)

 ▼ 乗り物の迷路
 ┗ http://www.php.co.jp/meiro/
[PR]

# by tonton53kai | 2013-07-20 00:00 | ◎ 同期の活躍  

山岡君 岩波ブックレット『TPPで暮らしはどうなる?』発刊

『TPPで暮らしはどうなる?』(鈴木宣弘・天笠啓祐・山岡淳一郎・色平哲郎)が発刊されました。

単なる経済連携協定ではない、TPP。交渉は秘密に進められているが、漏れ伝わってくる内容は、どれも生活のあらゆる分野で私たちの暮らしを一変させる可能性を含むものばかり。どんな「日本の光景」を子どもたちに残していくのか、参加する前に考えたい。TPPの真実」(裏表紙リードより)
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/2708760/top.html


_SL500_AA300_
 
[PR]

# by tonton53kai | 2013-07-05 01:37 | ◎ 同期の活躍